カードローンの年齢制限の理由

カードローンの年齢制限の理由

20歳から利用ができるカードローンですが、各カードローン業者により上限の年齢制限も定められています。大体65歳や70歳くらいまでの上限年齢となっています。上限年齢が定められているのは借入者が老年のために病気や寿命で亡くなると貸しつけたお金を回収できなくなる、

 

それだけでなく老年であるために返済に困ってしまっても働き先が無い、働く体力が無い、体が弱いために働くのが困難、などの理由のためです。年金生活の老人であると年金が支給されるために一応収入が安定していますが年金が少額、生活や通院のためにお金が必要となると返済に回す金額が足りなくなります。

 

カードローンが利用できるのは20歳から、とは知っている人も多いのですが上限年齢にも気をつけましょう。20歳以上でなければ借り入れができない理由ですが20歳未満となると未成年扱いとなるために責任感が薄い、知識がないままに借り入れて返済不能になってしまう、

 

後先考えずに無闇に借り入れて浪費をしやすい、働いてもせいぜいアルバイト止まりであり返済できるだけのお金が稼げない、などのトラブルを防ぐためです。19歳は借り入れ不可能、20歳の誕生日を迎えるとカードローン借り入れが可能となります。
未成年がプロミスで借りたいと考えても、利用出来ません。